「経営人事改革の視点」代表 西川 幸孝 の執筆コラム

2018年1月号 あけましておめでとうございます

好調な経済と供給不安 皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、各種経済指標にも表れていますが、現在の日本は好景気であると言われています。日本の上場企業の平均的な格付けは、継続的な高業績を反映して非常に高い水準にあるという報道も最...

詳細はこちら

2017年12月号 労働生産性の向上

働き方改革 過労自殺などの事件が大きな社会問題になり、長時間労働の是正などを主要課題とする働き方改革が日本の大きなテーマに上がっています。 これは、もちろん労働時間を短くすれば済むという話ではありません。企業が生き残っていくためには、長時間労働等を是正しながら、付加価値を...

詳細はこちら

2017年11月号 3つのマネジメントサイクルと人事制度

3つのマネジメントサイクル 企業には、時間軸の異なる3つのマネジメントが必要です。 一つは、日常的な短期のマネジメントで、私はこれを「短サイクルのマネジメント」と呼びます。日常の業務管理が中心で、上司の指示、アドバイス、教育などがその手段となります。 次が、「中サイクルの...

詳細はこちら

2017年10月号 将来ビジョンと社員のモチベーション

ビジョンや経営理念は必要か? 企業にとって、将来ビジョンはとても重要なものです。ビジョンのある・なしは、企業の将来に非常に大きな影響をもたらします。経営理念も同様です。 しかし、世間一般的に、将来ビジョンやそこに至るストーリーは、あまり重視されていないことが多いように思え...

詳細はこちら

2017年9月号 企業における「社員の成長」の意味

「働くこと」と人間の成長 人間の成長は、その時代における社会構造によってあり様が変わります。そして、どの時代でも、人間は生きていくための生業(なりわい)を通じて、つまり働くことを通じて成長していくという成長の代表的な道筋がありました。 狩猟や農耕で社会が成り立っていた時代...

詳細はこちら

2017年8月号 社員はなぜ期待に応えられないのか?

期待値が明確になっていない 会社で働く人間であれば、誰でも成果をあげたい、期待に応えたいと思うものです。ところが、経営者や上司の期待に応えるような結果を出したり、行動を取ったりできる社員は必ずしも多くないのが現実です。 これは、社員が怠慢だからでしょうか? あるいは、能力...

詳細はこちら

2017年7月号 人材マネジメントを考える

「戦略」と「生身の人間」 人材マネジメントは、企業戦略によって規定されます。 組織階層をどう設定するか、あるは人事制度におけるグレード(等級)設定をどのように行うかなどの判断は、当然、企業の戦略に依ります。 人事評価においても、同様です。企業がどのように付加価値を生み出し...

詳細はこちら