「経営人事改革の視点」代表 西川 幸孝 の執筆コラム

2014年12月号 「マイナンバー制度」導入の影響

マイナンバー制度とは? 「マイナンバー制度」は、「社会保障・税番号制度」の愛称ですが、日本国民と日本に居住する外国人1人ひとりに番号を割り振り、所得や納税実績、社会保障に関する個人情報を一括管理する制度で、2016年1月からその利用がスタートします。 これまで国や市町村な...

詳細はこちら

2014年11月号 解決志向のマネジメントとは

解決志向と問題志向 問題ではなく、解決(ソリューション)に焦点を当てるマネジメントが注目されています。こうした方法は、「ソリューションフォーカス・アプローチ」とも呼ばれています。それに対して、問題に焦点を当てる方法は、「プロブレムフォーカス・アプローチ」です。 問題解決に...

詳細はこちら

2014年10月号 会社のDNAをどのように残し、伝えるか

会社のDNAとは何か? 企業も、人間が集まって形成される組織である以上、さまざまな特徴を有します。それを表すために、「企業のDNA」という表現が時々使われます。 DNAという表現は、組織としての考え方や行動の根源的な特徴を指すことが多く、その内容は、技術や改善へのこだわり...

詳細はこちら

2014年9月号 働く"アリ"と働かない"アリ"

2割のアリは働かない 働くアリの集団を観察すると、ほとんど働かないアリが約2割混じっているそうです。そして、働かないアリだけを集めてグループを作ると、8割は働くようになるのだけれど、その内2割は依然として働かないそうです。 逆によく働くアリだけ集めてグループを作ると、その...

詳細はこちら

2014年8月号 「多様な正社員・限定正社員」を活用する

厚労省における検討 日本版ホワイトカラーエグゼンプションなど、今後の労働時間規制の緩和に関する議論が厚生労働省労働政策審議会で始まりました。この中で「多様な正社員」等に関する検討も行われています。 厚生労働省は、「多様な正社員」の活用のあり方として、以下のようなケースを想...

詳細はこちら

2014年7月号 社内研修の考え方

社内研修の効果が実感できない 従業員の能力アップや成長を図り、企業の成長に役立てるために、社内研修を行う企業は多くあります。しかし、その効果が上がっているかと問われると、疑問符がつくケースも多いところです。 「何から手をつけたらよいのかわからない」、「研修にかけられる予算...

詳細はこちら